中学受験を通してさらなる成長を実感

2016年に早稲田中学合格を目指して理科の勉強をするのはとても大変でしたが、娘にとって大きく成長できた日々であったと今思うと実感しています。子供の中学受験は早くから意識はしていました。というのも学区内の中学校があまりいい噂をきかなかったため、できるものなら私立中学校を選びたいという気持ちが私たち親に強くあったからです。

しかし当の本人は遊ぶのが大好き、塾なんて行きたくないと言ってなかなか受験対策が始められない状態でした。小学4年生になった時にとても仲良かったお友達が中学受験のために塾に行って勉強するようになったため、便乗するかのように娘も一緒に塾に通うことに決めました。最初はお友達がいるからという理由だった娘ですが、塾に通い始めてからだんだん意識が変わってきました。

今は楽しい中学生活

塾に入ったと同時に学校情報を集め、文化祭や学校の催し物などに積極的に足を運び、志望校を決めていきました。大手の塾に通っていたので非常に様々な情報を共有してくださり学校選びをするうえで非常に助かりました。5年生になると娘は自分で中学受験を頑張ると言い、積極的に自習室にも足を運び勉強するようになりました。

時には成績が思うように伸びず泣いたり、親とぶつかったりもしましたが、塾に行き始めて、中学受験を意識し始めてから驚くほど成長をしました。先生のサポートのおかげで無事合格することもでき、今は楽しい中学生活を送っています。